ビオレおうちでエステはいちご鼻になったガンコな角栓を落とせる?

いちご鼻で悩んでいる人へ、「ビオレおうちでエステ」についてお伝えします。いちご鼻の原因や間違った対処方法についての情報も提供しています。目立たない毛穴を手に入れたい人は参考にしてください。

 

いちご鼻で悩むあなたへ、ビオレおうちでエステは脂性肌用と乾燥肌用の2種類あります

毛穴につまった角栓を落とす洗顔ジェル「ビオレおうちでエステ」は2種類から選ぶことができます。肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェルと肌をやわらかくするマッサージ洗顔ジェル。あなたのお肌に合うタイプが選択可能。2種類の洗顔ジェルについて詳しくお伝えしていきます。

 

脂性肌の方は「肌をなめらかにする」タイプがおすすめ

油や水分が多い脂性肌タイプ向けの洗顔ジェル。毛穴に詰まった角栓を分解してお肌をなめらかにします。注意点は本当に自分が脂性肌なのか確認すること。脂性肌は皮脂が過剰になったり乾燥したり不安定で、混合肌としてまとめられることが多いです。

脂性肌寄りの方は肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェルを選んでください。

 

乾燥肌の方は「肌をやわらかくする」タイプがおすすめ

乾燥肌タイプ用の洗顔ジェル。とにかく潤いが必要!という方はこちらの洗顔ジェルがおすすめ。ゴワゴワしていたお肌が毛穴の目立たないふっくらした素肌に。毛穴が開きやすい入浴時に使うのがおすすめです。

 

いちご鼻の原因は角質と皮脂が合わさった角栓だった

いちご鼻はなんとなくイメージできますが、いったい何が原因なの?と曖昧に理解していませんか。いちご鼻というのは鼻の毛穴に角栓が詰まってポツポツしている状態をいいます。

では、角栓がどういうものなのかご存じでしょうか?角栓は角質と皮脂が混ざったもの。角質というのは私たちを覆っている皮膚の一番外側の部分。皮脂というのは皮脂腺からでる油分のことで、皮脂腺は毛穴から枝分かれしている空洞部分のこと。

本来、角質は時間が経過するとともに剥がれ落ち、新しい角質に生まれ変わりますが、皮脂が過剰に分泌すると剥がれ落ちるはずだった角質と混ざり角栓を作ります。角栓は毛穴をふさいでお肌の表面をデコボコな状態にします。

汚れ(角栓)が毛穴に詰まって黒ずんだ状態をいちご鼻です。

 

いちご鼻のケアでやってはいけない3つのこと

いちご鼻は必ずケアをしなければいけません。しかし、間違ったケアをすると症状が悪化したり別の症状に悩まされることもあります。いちご鼻をケアするときに間違った方法を3つ紹介します。

 

洗顔の回数を増やす

毛穴に詰まった角栓を取り除くためには洗顔の回数よりも洗顔の質が重要。洗浄力が弱いものを何回使ってもお肌を傷めるだけで角栓が取り除けるわけではありません。質の良い洗顔剤を使って角栓を取り除きましょう。

 

角栓を押し出す

爪で角栓を絞り出したり、角栓取りを使って押し出す方法はお肌を傷つけるだけで根本的な解決になりません。痛みを伴うケア方法はストレスを感じますし、良い方法ではありませんよね。

角栓を取り除くためには「ビオレおうちでエステ」のように汚れを浮かせて落とすタイプが安心。お肌に負担が少ない方法をとるべきです。

 

強くこする

角栓をとる洗顔剤は泡タイプやジェルタイプ、バームタイプがあります。すべての洗顔剤に共通することですが、強くこする必要はありません。泡タイプならキメの細かい泡で角栓をとります。ジェルタイプならお肌をふやかして毛穴を広げ角栓をとります。

強くこすって角栓を取り除くという方法はお肌の表面を傷つけるだけです。

 

エイジングケアもいっしょにしたい!という方へ

30代に突入したらエイジングケアも気になりますよね。角栓を落とすだけでなく、お肌のハリやくすみもどうにかしたいです。エイジングケアもやってみたい前向きなあなたには「セルフューチャー洗顔バーム」を提案します。

 

こんな悩みはありませんか?

・お肌にハリがない
・年齢サインを感じる
・くすんで第一印象が悪い
・お化粧のノリがイマイチ
・洗顔後の乾燥が酷い

 

セルフューチャー洗顔バームは洗浄と同時に美容成分をお肌に取り込む美容液。クレンジングと洗顔がいっぺんにできるのでコスパもいいです。

使ってみたけど満足いかなかったと後悔することがないよう、30日の全額返金保証がついてます。洗浄力だけでなく年齢に見合ったスキンケア商品を使うと望んだ結果になりやすいですよね。

エイジングケアに興味がある方は一度お試しください。

毎日手軽にできるエイジングケア
セルフューチャー洗顔バームはこちら

 

コメントは受け付けていません。